<< イン・ワンダーランド 1巻 main トゥルーマン・ショー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
乙嫁語り 2巻


「そうするのが当たり前で、ごく日常の風景であり、つまりは生活である。」


 待望の2巻です。掲載誌が隔月なのが恨めしい……。ただ、それだけ待った分内容の充実っぷりにはもう平伏するしかありません。

 ページを捲る度に、画面が流石森薫、という書き込み様。今回は特に布・刺繍の描写が多かったため、1巻の彫刻よりも装飾の細かさが如実に分かります。普通ならこれだけ細かく描いているとイライラするものですが、森薫のすごいところは装飾品だの刺繍だの文様だのを描いている時を「わたし今生きてる!」と至上の喜びだと思えてしまうところですね(あとがき参照)。すごい。アクションシーンも臨場感たっぷりで、『エマ』の1巻が嘘のような美しさ。この作品でも1話と今とを比べるとかなり書き込みの量が増えているので、森薫の上達ぶりが伺えます。
 ストーリーとしては、今回は少しばかりシリアスめ。前巻から匂わせつつあったアミル連れ戻し計画が本格的に開始されます。アミル側の家族にも様々な事情がある様子……いつかアゼル・アミル兄妹の過去編をやってくれる時を心待ちにしています。この事件を通してアミルとカルルクの絆がより深まったと言えますが、8歳差というのはやはり大きい。いくらカルルクが年齢の割にしっかりしていると言っても、所詮はまだ子供。今の時点で15歳ぐらいだったら、今回の戦いでも別の道があったのでは、とも思います。そのままでも十分かっこいいんですけども。アミル側の一族、カルルク側の一族間の対立から、各々の部族の外敵に対するスタンスが見えたりして面白いです。同じような地域に居ても考え方が全く違ったり、開放的だったり閉鎖的だったり。ちらりと出てきたヌマジの古代中国のような文化だとか、来客から見る意外に拓けた文化だとか、情報量がいつにも増して多いです。読む度に新たな発見があって楽しい。ただ一つ、残念ながら若輩者の私には『嫁心』の意味がよく分かりませんでした。森薫の話はたまに趣味に走りすぎ「ん?」となるので、今回もそれが出たのか単に私が理解していないだけなのか……。

 さて、アミルとカルルクの間も落ち着いて、次回からはスミスの旅路を追う形になるとのこと。ということはもう二人の成長を見ることは出来ないということなんでしょうか? 新しい土地、新しい嫁も勿論楽しみですが、まさか主人公交代、なんてことになるのでしょうか? 今すぐ買いに走りたいほど本誌が気になるところですが、大人しく3巻を待つこととします。ごちそうさまでした!


(2011.6.15)
comic comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト

- - -
comment
comment









この記事のトラックバックURL
http://hepta7.jugem.jp/trackback/62
trackback

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Categories
Selected Entries
Archives
Recent Comment
Profile
TweetsWind
Mobile
qrcode
Sponsored Links