<< 勝手にふるえてろ main ゾロ ザ・ミュージカル >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
処刑人


「世界を変えるのは、行動する奴らだ」


 言わずと知れたアングラ映画の金字塔。今市子の『萌えの死角 2巻』を始め、色んなところでこの映画の話が出るのでずっと気になってはいたのですが、今まで観る機会がなく、今回前評判だけでこのツインパックを購入してしまいました。Amazonだとほぼ半額です。

 気鮓終わった後の感想はと言うと、実は「失敗したかな……」でした。キャストの演技だけに焦点を当てれば、それなりに楽しめる作品なのですが、話の展開を見ると「?」な部分が多い。マクマナス兄弟のかっこよさをひたすらアピールするPVのような印象を受けました。
 ……が! 観た後から映画の内容を思い出してみると、出てくるのは全て「かっこいいシーン」ばかり。コナーとマーフィーのかっこいいシーン、スメッカーのかっこいいシーン、イル・ドゥーチェのかっこいいシーン、ロッコのかっこいいシーン、などなど、ストーリーなど気にならないほど、シーン毎のイメージが鮮烈で強烈なのです。とにかく、煙草の吸い方から銃器の扱い方、祈り方、メッセージの残し方まで、全てがかっこいい。こんな映画、そうそう無いのでは。
 もうひとつこの映画に好感を抱く要素として、兄弟が決して完璧でない、という点が挙げられます。数ヵ国語を操り、祈りを唱えて何の躊躇いもなく悪人に制裁を加えていく彼らでも、立てる作戦はオマージュ≒パクリと「イメージ」ばかり。その空想のシーンがかっこよくもあるのですが、実際は兄弟喧嘩しながら敵地に突入したり、機械の故障で作戦変更を余儀なくされたり、結構失敗も多いのです。そこが何だか憎めない。作戦会議→兄弟喧嘩→突入→兄弟喧嘩の流れが可愛すぎるのです。そこにウィレム・デフォーを始めとする脇役たちが絡んでくるものだから、要所要所に笑いがあって面白い。アクションシーンがスローモーションで臨場感がないという意見もありましたが、私はこのアクションはスローだからこそ映えるのではないかなと思います。通常速度だったら多分何をしてるか分からない。
 今回は初Blu-ray化ということで、映像特典が結構入ってます。インタビューや音声解説、予告スポットなど盛り沢山ですが、特に注目したいのはスクリーンテストと未公開シーン集。スクリーンテストでは白黒ながら、なんと髪が今より長いマクマナス兄弟を見ることが出来ます。このまま進めてたら、また違った印象になったかも。そして未公開シーン集は、何と言っても兄弟とママの電話シーンが素晴らしい。色んな意味で大満足です。ただしインタビューがノーマン・リーダス単独でしかないのが若干気になるところ。

 さて、大評判の気鉾罎戞△燭世離侫.鵐妊スクと噂の兇任垢。私は結構面白く観ることが出来ました。むしろ気茲螢好函璽蝓爾纏まっていたように思います。もちろん10年のブランクがありますから、キャストが年を取るのはしょうがない。コナーもマーフィーもそれなりにオジサン化しています。しかしそれでもかっこよさと仲の良さは健在! 更にグレードアップした彼ら兄弟の絡み(という言い方もちょっとアレですが)も見ることが出来ます。アイリッシュ好きとしては、冒頭の音楽にも目を向けたいところ。音楽が全体を通してなかなか良くて、中には監督のバンドの曲も2曲使われているようです。兇牢篤弔「ファンのために作った」と豪語するだけあって、気紡个垢襯マージュが随所に見て取れます。残念ながら名脇役スメッカーは退場したものの、その後釜に座った初女性キャラであるユーニスも嫌味じゃない。ラスボスにもう少しインパクトが欲しかったかな、とも思いますが、演じているのがピーター・フォンダなので文句無し。なかなか見応えのあるアクションシーンもあり、全体的には満足です。ロッコのシーンは無駄に感動してしまった……オチで思いっきり落とされましたが(笑) ドクが健在なのも嬉しかったです。ドク可愛い。
 映像特典の方は、気鉾罎戮襪畔足りないかも。未公開シーンが2つしかなく、NGシーン集もなし。その代わり、武器庫を見せてくれたり、メイキング、インタビューやファンとの和気藹々な会見(?)の様子がたっぷり収録されていたりします。この武器庫がまたすごい。いかに監督がイメージに拘り、細かいところまで気を遣っているかがよく分かります。映像特典の中で、私はこの武器解説が一番楽しめました。個人的にはユーニスの銃が好きです。いかにもマニア向け企画ですが、買うのはマニアぐらいなのでむしろ良いおまけなのかもしれません。でも是非ともマーフィーの乗馬失敗談が見たかった……(会見@コミコン参照)。

 総合して、私は大変楽しめましたし、買って良かったと思います。ガンアクション好きには堪らないし、兄弟モノが好きならまた堪らないです。ただし、Fから始まる大変汚いお言葉を度々連発する(上にたまに修正音が入る)ので、苦手な方は避けた方が宜しいかと。

 3も公開するかも、とのことなので、首を長くして待っていようと思います。


(2011.3.4)
movie comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト

- - -
comment
comment









この記事のトラックバックURL
http://hepta7.jugem.jp/trackback/60
trackback

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Categories
Selected Entries
Archives
Recent Comment
Profile
TweetsWind
Mobile
qrcode
Sponsored Links