<< シュトヘル 2巻 main 風が強く吹いている >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
もえない―Incombustibles


「どうして、わざわざ残るようにできているんだろう? ずっと未来まで、骨だけは残ったりするんだ」


 久し振りの読書、ということで馴染みのある森博嗣からリハビリがてら読み始めたわけですが、相変わらず森さんらしい文章です。ちょっと勘を取り戻すのに時間がかかりました。『スカイ・クロラ』シリーズがバイブルのようだった時期もあったと言うのに、本離れは恐ろしいものです。

 粗筋はリンク先で確認して頂くとして(私が書くより断然分かりやすいので)、この話、一応ミステリーに分類されるようですが正直まったくミステリーらしくありません。主人公淵田くんの一人称で話が進むものの、そこに感情描写が殆どと言って良いほど伴わないからです。見方によっては軽くホラーかもしれません。何となく雰囲気が栗本薫のホラーに似ています。文体は恐ろしく森調、特に謎を解くわけでもなくラストは急な展開なので、正当なミステリーファンには物足りなさが残るだろうと思います。導入部分が萩尾望都の『トーマの心臓』に似たものがあったため最初はこんなハードな展開になるとは思いもよらず……ただ森調のおかげであっさりと読めます。同じ事件でも宮部みゆきが書いたらもっと重いものになるんだろうなあ。読後のちょっとした不快感(森さんや内容に対するものではなく、登場人物の人間性に対する)は石田衣良の『うつくしいこども』に通じるものがあります。つまりはそういう話です。最後の一文に全てが集約されてるんですが、私はうっかりそこから読んでしまったので読んでいる間はずっとその言葉の意味を考えてました。キーワードから内容を想定しながら読み進めると言うか、そういう読み方もアリかもしれないですね。

 秀逸なのが装丁です。ハードカバー版に限りますが、とにかく表紙が内容を上手く表しています。パッと見綺麗なお花畑なので森さんの『どきどきフェノメノン』の類いの話だろうと思って手に取ったら良い意味で痛い目にあいました。読後よくよく見てみると、題字などへの細かい細工がすごいです。さすが。本の装丁が素敵ならそれだけでモチベーションが上がりますが、それに内容が伴う時の興奮といったらないですね。

 正当ミステリーファン、初期森ミステリーファン、森ビギナーにはちょっとオススメできませんが、同氏のさらりとした詩集めいた文体が好きな方には良いと思います。アマゾン評価システムを借りて評価してみると、個人的には★★★☆☆くらい。


(2009.11.10)
book comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト

- - -
comment
comment









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
trackback

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Categories
Selected Entries
Archives
Recent Comment
Profile
TweetsWind
Mobile
qrcode
Sponsored Links