<< 乙嫁語り 1巻 main シュトヘル 2巻 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
きのう何食べた? 3巻


「シロさんはさ ちょっとぜいたくだよね」


 いつの間にかシリーズ三冊目に突入。『大奥』と共によしながさんの代表作になるような気がするんですが、なかなか知名度が上がらないのはちょっと地味な上BLとしても中途半端だからでしょうか。多分料理本としての実用性の方が高いんでしょうね。今回も大きな事件は無いものの、シロさんが前々から抱えていた実家問題に前巻よりも焦点が当てられ、とうとうシロさんも真剣に実家と向き合わねばならない時がやってたようです。親の威厳を保ちたがる父親と、自分たちの諸経費を削ってでもシロさんに何かしらの贈り物をしようとする母親、そして未だ諦めきれない様子を見せつつも「孫」の存在を余所に求め始めた二人。そんな姿を目にして、シロさんも多少考えを改めた様子。ゲイであってもなくてもそれなりの年齢になった人であれば誰でも直面するであろう問題をリアルに描き上げるよしながさんはすごい。ケンジとの関係も決してお互いがただの依存ではないことを匂わせていて、性別関係なく理想のカップルの姿だなあと思うわけです。
 あと毎回驚かされるのが法律系の問題に関する知識。今回の和解と賠償金のことなど、私は素人なので分かりませんが、少なくとも読者に疑問と不満を持たせないあたりよく調べて書いてあるということなんでしょう。すごい。
 ちなみに今回一番ヒットした料理はケンジのサッポロ一番みそラーメンでした。素晴らしいレシピと分かりやすい調理法が載っているこの作品、読むと作ってみたくなるよねーとかシロさんのおかげでレパートリーが増えました、とかポジティブな意見をよく目にするんですが、それは料理の出来る方々の意見であって私のように目玉焼きを焦がすような人種には視覚的アピールでしかないわけです(笑) そんなわけでぱぱっと手軽にできて、かつ美味しそうなケンジのラーメン、これは誰でも作りたくなるはず! 今回ばかりはケンジに一票。
 まったくBLっぽくないので、むしろ興味がなかった、という人にこそ読んでほしい。大抵の書店では平積みか目立つところに置いてあるようなので、読んだことがない人には是非オススメしたいです。連載自体も長く続いてくれると良いですね。次巻も楽しみ!


(2009.10.24)
comic comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト

- - -
comment
comment









この記事のトラックバックURL
http://hepta7.jugem.jp/trackback/41
trackback

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Categories
Selected Entries
Archives
Recent Comment
Profile
TweetsWind
Mobile
qrcode
Sponsored Links