<< 天体議会 main 乙嫁語り 1巻 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
りんたとさじ


「慣れるしかないわね」


 恐らくこの先有名になることもないであろう、マイナーもいいとこな雑誌掲載漫画です。オガツさんのファーストコミックということでおめでたいのですが、個人的にファーストとということがかなり疑問です。前連載の『リャンちゃん』とか『イカしたマスターのいる店』はどうしたんだろう。けっこう長い間連載してたような気がするんですが。待ってたらそのうち単行本化するかもしれませんね。
 表紙が印象的なこの漫画、『ネムキ』で連載されているので一癖も二癖もある作品です。あの雑誌は質の良いホラー・SFが多い(でもマイナー)と思うのは私だけでしょうか。大まかに言うとイケメン眼鏡男子"りんた"と明るく人好きのする女の子"さじ"の怪異物語です。シリーズなので一話完結型。日常の中に潜む非日常というテーマ通り、読んでいると現実と非現実が曖昧になります。最初は絶対に現実だったはずなのに、いつの間にか非現実に引き込まれる感じ。まさに狭間を除き込む感覚です。サジがかなり明るい子なので時折見られるギャグ要素に和む反面、話が進むにつれ徐々に迫ってくる不安とラストがかなり衝撃的です。でも必ず日常に帰結して終わる、その点オガツさんの話の作り方が上手いなあと思う。最後のページで驚かなかった、または怖くならなかった話が無い。基本的にサジがリン太に巻き込まれて事件に関わらざるを得なくなる展開なんですが、リン太を見てるとそれもしょうがないかなあと思えてきます。あまりにいい男すぎてサジの気持ちが分かるというか、とにかくイケメンなんですね。6話『傘の人』の夜警姿はサジじゃなくても惚れます。多分リン太はモテると思うので、この先サジにライバル現るラブコメ的な展開も期待できると思うんですがどうでしょう。オガツさんなら凡庸にならずに上手く話を作ってくれるんじゃないかと。

 掲載誌のためかあまり知られていない作品ですが、ホラー好きの方に大変オススメです。伊藤潤二とはまた違った怖さを是非。


(2009.10.10)
comic comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト

- - -
comment
comment









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
trackback

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Categories
Selected Entries
Archives
Recent Comment
Profile
TweetsWind
Mobile
qrcode
Sponsored Links