<< チェーザレ 破壊の創造者 7巻 main ネバーランド >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
こんちき―あくじゃれ瓢六捕物帖


「妬きゃあしやせんがね、あいつらには奥ゆかしさってもんが、これっぽっちもありゃしねえ」


 瓢六シリーズの二作目。今回から瓢六は無事牢から出てそれなりに平和な生活を送っております。相変わらずお袖といちゃついているので、周りの人々も諦めかけている様子。前巻での「牢の中に居ながら事件を解決する小悪党」の設定が面白かったので普通の捕り物話になってしまうのは残念だなあとも思いましたが、瓢六は町にあっても頼られる良い兄貴分のようです。さるお方に頼まれて瓦版屋をやってみたり、お武家様の母子を訳も分からず面倒見たり、お袖の無茶ぶりに気を揉んだり、菅野様に毎回振り回されたり、瓢六と弥左衛門が毎日忙しそうにしている傍らで脇を固めるこれまた曲者たちが問題を起こしたり逆に解決したり。弥左衛門とお八重様との恋も多少なりとも進展したご様子です。前巻に比べると暗いところが少ない分、よりサクッと読める時代小説の体を取ってきました。
 男女問わず好かれる色男の瓢六ですが、欲を言えばもう少し「目利き」設定と「小悪党」っぷりを生かしてほしかったなあと思います。江戸の下町の弱者を守るヒーロー的な役割になってきているのが残念。一巻の頃のお上に楯突くあの気概は何処へ。まあお上の前に瓢六をアゴで使う謎多き菅野様が居るんじゃあ、それも仕方無いような気がしますが。それに反してお袖さんは同じ女性としてとても好感の持てる書き方をしてあります。瓢六を心の底から愛して勿論彼を養うだけのお金も自分で稼ぐ、町中に顔がきいて困った人を放っておけないお人好し。でも決して馬鹿じゃない。そりゃあ瓢六も惚れるよ、というくらいの良い女っぷりです。それでも周りの人にしては恐ろしく気の強い扱い辛い女との認識らしいので、つまり瓢六とお袖はお互いもし他の人だったら上手く成り立たないようなぴったりのカップルなんでしょうね。

 この瓢六シリーズ、現時点であともう一巻出ているようです。弥左衛門とお八重様の恋が上手く行くことを祈りながら、次巻を楽しみに読もうと思います。


(2009.8.31)
book comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト

- - -
comment
comment









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
trackback

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Categories
Selected Entries
Archives
Recent Comment
Profile
TweetsWind
Mobile
qrcode
Sponsored Links