<< 四畳半神話体系 main 仏果を得ず >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
パーフェクトブルー

竹内義和,村井さだゆき
ジェネオン エンタテインメント


「あなた誰なの?」


 大抵の映画は観賞後友人に勧める私ですが、これは本当にお勧め出来ません。何を見ても受け付けられるよという人ならある程度の覚悟を持って臨めば大丈夫だと思います。でも本当に一般人にはお勧め出来ません。ただのアニメ好きにもお勧め出来ません。いくらあの江口寿史や大友克洋が製作に携わったからと言っても、あまりにもグロテスクなのでお勧め出来ません。そう思うのも私が女だからでしょうか。
 竹内義和の『パーフェクトブルー 完全変態』を原作とした、1998年のマッドハウス制作アニメ映画であり、ベルリン国際映画祭招待作品。ただし、本作は原作には「アイドル」「ホラー」「熱烈なアイドルのファン」という要素を入れる、という条件以外全く沿っておらず、原作者もそれを了承済みの上での制作。今監督が細部までこだわって作るため、とにかくカメラワークから何からとてつもなく細かく背景も美しいのですが、如何せんストーリーが万人受けしませんね。暴力・レイプ・殺人と犯罪的嫌悪的要素がばっちり揃っているので、本当に受け付けない人は見ない方が良いです。日本国内ではR-15、外国では18禁の取り扱いとなっているようです。国内は勿論、海外でも評価が高いのですが(映像と構成は本当に素晴らしいので)、個人的には非常に後味が悪いです。ラストはある意味スッキリしますが、もう一度見たいとは思いません。声優陣はそれなりに豪華なので、見る方はそれなりの覚悟を決めてからどうぞ! 

 しかしこれが初監督作品とは、今敏監督の才能には恐れ入るばかり。


(2009.7.9)
movie comments(1) trackbacks(0)
スポンサーサイト

- - -
comment
ありがとう☆

「世界中の映画祭で絶賛され、国内でもロングラン大ヒットを記録した異色アニメの話題作」
という紹介文を読んで、何の予備知識もなく観てしまいました。

気持ち悪くて後味悪くて。
これは何なの?みんなはどうなの?、と思って調べてみたら、
同じような感想があって救われました。

女も男も関係無いと思います。
もう速攻で返却します。
ここに重ねて感謝します。
| 橋本 雅史 | 2013/11/12 9:17 PM |
comment









この記事のトラックバックURL
http://hepta7.jugem.jp/trackback/26
trackback

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Categories
Selected Entries
Archives
Recent Comment
Profile
TweetsWind
Mobile
qrcode
Sponsored Links